茨城歯科専門学校

学校案内About school

沿革・概略

昭和43年10月 社団法人茨城県歯科医師会、厚生大臣に歯科衛生士養成所(名称:茨城県歯科衛生士学院)の指定を申請する。
昭和44年3月 茨城県歯科衛生士学院、厚生大臣の指定を受ける。
4月 茨城県歯科衛生士学院(水戸市五軒町、茨城県歯科医師会館内)開校する。学院長に堤安就任。修業年限1年、入学定員25名。
昭和45年2月 各種学校の認可(茨城県知事)を受ける。
昭和46年10月 現在地に新茨城県歯科医師会館(付属施設:歯科衛生士学院・歯科技工専門学校・水戸口腔センター)落成する。新校舎に移転。厚生大臣に歯科技工士養成所(名称:茨城歯科技工専門学校)の指定を申請する。
昭和47年1月 茨城歯科技工専門学校、各種学校の認可(茨城県知事)を受ける。
2月 茨城歯科技工専門学校、厚生大臣の指定を受ける。
4月 茨城歯科技工専門学校開校する。学校長に堤安就任。修業年限2年、入学定員15名。茨城県歯科衛生士学院、入学定員29名に変更。
7月 水戸口腔センター開業。
昭和48年4月 学院・学校長に村居生二就任。
昭和52年4月 学院・学校長に秋山友蔵就任。茨城歯科技工専門学校、入学定員30名に変更。
昭和53年3月 茨城県歯科衛生士学院、茨城歯科技工専門学校ともに専修学校の認可(茨城県知事)を受ける。
昭和54年4月 茨城県歯科衛生士学院、茨城歯科技工専門学校を統合し「茨城歯科専門学校(歯科衛生士科、歯科技工士科)」と改称。学校長に秋山友蔵就任。歯科衛生士科修業年限2年、入学定員40名。歯科技工士科修業年限2年、入学定員36名。新たに歯科技工研究科、修業年限2年、入学定員5名を併設する。
昭和62年4月 歯科技工士科入学定員を30名に変更。
平成2年4月 歯科衛生士科入学定員を50名に変更。(曙町校舎)
平成9年4月 学校長に中島早苗就任。
平成13年4月 学校長に鈴木明夫就任。
平成18年3月 歯科技工研究科廃止。
平成18年4月 歯科衛生士科修業年限3年。(現:見和校舎)
平成19年3月 歯科衛生士科修業年限2年廃止。
平成19年4月 学校長に志賀正三就任。 歯科技工士科入学定員を20名に変更。
平成23年4月 学校長に小鹿典雄就任。
平成25年4月 公益社団法人 茨城県歯科医師会に移行。
平成29年4月 学校長に征矢亘就任。
体験入学とオープンキャンパス
資料請求