歯科技工士科

歯科技工士科とは?

人を笑顔にできる「技術」がある!

歯科技工士は、的確で精密な歯科治療に必要な人工製作物を作る特別な技術と理論を身に付けた国家資格者(スペシャリスト)です。
歯科医師の指示によって一人一人の口の特性に合わせた人工物{インレー(詰め物)、クラウン(金属冠等)、義歯(入れ歯)等}や矯正装置(歯並びや噛み合わせ等を治療する装置)を作製したり、破損した人工物を修理することにより、人にとって最も大切で健康の源である「食べること」が、正しく行われるようにします。

昭和57年の法改正以降厚生労働大臣免許となり、社会的にも確立された職業です。
また2年間で国家資格が取れることや、男女間の格差がない事も歯科技工士の特徴です。
高齢化がさらに進んで行くこれからも、「おいしく食べられる」ことが高齢の方の健康を支える大切な基礎となります。生涯「おいしく食べられる」ことを歯科医師と共にサポートすることも歯科技工士の重要な仕事です。

仕事について

食べることに欠かせない「歯」を創り出す。物をつくる喜び、人の役に立つ喜びを感じる仕事へ。

「ハッピーなライフスタイルをおくるには何より健康でなければならない」そのためには先ずお口の健康から! 正しく噛めることは人間の幸せにとって最も重要な要素といえます。世は正に高齢化社会、歯を残すことが基本であることは言うまでもありませんが、年を経るにつれて失っていく歯の数が増えることも現実です。健康で豊かな人生を過ごすために正しく噛めるよう、技工士が作製する人工物で補っていく必要性が高まります。

一方では世代を問わず、「歯はきれいでありたい」「笑顔は素敵でありたい 」と願うものです。素敵な笑顔ときれいな歯で、以前あったものと同じような歯で、 元あった時と同じようにあるいはそれ以上になれたら、昨日までと違う明るい明日をもたらすことができる! 歯科技工士は自分が作った製作物で幸せな人生を送るためのサポートをすることができるのです。

歯科技工士がつくる物

インレー

歯の一部を回復します

クラウン

歯の全部を回復します

金属床

失った歯の何本かを
回復します
(部分入れ歯の骨格を金属で作る)

総入れ歯

歯が全部なくなった人の
ために

矯正装置

歯の乱れを治します

歯科技工士は、患者さんに直接触れることはなく、 患者さんの口の中を再現した模型で作業をします。 患者さん一人一人のお口や一本一本の歯にあったものを、模型上で製作します。

第一線で活躍する卒業生の制作物

卒業生の制作物 (18期生・枝川智之さん提供)

卒業生の制作物 (11期生・中島清史さん提供)

資格について

免許取得への確かな道のり!

歯科技工士になるためには、歯科技工士国家試験に合格しなければなりません。 本科卒業生には、「専門士」の称号に加え、国家試験の受験資格が与えられます。歯科技工士科卒業生の国家試験合格率は、創立以来ほぼ100%を誇ります。

歯科医師・医師などと同様に生涯有効な厚生労働大臣免許の国家資格を持つ歯科技工分野のスペシャリストを育成するため、 本校では2年間の短期に緻密な講義・実習カリキュラムを組んで指導にあたります。

5ステップで、確実な資格取得へ!

就職について

安心の就職率。学校が就職を全面サポート!

卒業後の就職は、本校と茨城県歯科医師会が全面的にサポート。就職率は、ほぼ100%です。 不況が叫ばれる中でも、歯科医療界からの求人倍率は高く、満足できる就職先を見つけるべく一人一人に個別指導を行い全力で就職活動を支援します。県内への就職は勿論、近年は県外からの求人も増加傾向にあります。就職先としては、歯科技工所、歯科診療所などがあり、その先には歯科技工所開設と努力次第で夢が叶います。 卒業生の声

求人倍率 18.27倍!

キャンパスライフ

楽しいイベントも充実!ココロ通じるキャンパスライフ
教科・時間割
卒業生の声